GSouth systems Managed Service Provider送電線建設技術計算シリーズ

オプションシステムOption system

基本パッケージの追加システムとして、各種設計計算や施工時に必要なバックデータ算出システムをジーサウスシステムズより提供します。

※ オプションシステムは送電線に関連する調査・設計計算や施工設計等のツールシステムを順次開発予定。

※ 基本パッケージと同じ設計仕様により、操作性の統一と各種データ(電力線・ワイヤ・延線施工データ・緊線施工データ)の相互利用が可能。

オプションシステム1

※ 一括購入と個々単独での購入が可能。

  • 架線弛度張力計算

    電力線・架空弛線の単独径間および連続径間における架線弛度・張力を計算。

    単独径間:目的とする径間を耐張~耐張間とし径間長および温度を任意に変化させて計算が可能。

    連続径間:技術計算データメンテナンスにて登録された緊線データをもとに、対象となる緊線区間の計算が可能。

  • クリッピングオフセット計算

    緊線工事におけるクリッピングオフセットを金車コードおよび碍子連を考慮して計算を行う。

    緊線張力・架線張力および緊線弛度・架線弛度を求める。

    クリッピングオフセットは、碍子または金車コード支持点から下した垂直線と交わる電線位置からの寸法および金車からの寸法を求める。

  • ジャンパー長計算

    緊線工事で必要な耐張鉄塔におけるジャンパー長の計算を技術計算データメンテナンスにて登録された緊線データをもとに、円弧法・楕円法によって計算。(単導体・複導体・4導体に対応)

  • 循環式索道設計計算

    送電線建設工事における資材運搬のための循環式索道の各軌索の強度・障害物との離隔・支柱に加わる荷重・軌索の留め等の各検討を行う。

  • エンドレスタイラ方式 キャリア索道設計計算

    送電線建設工事における資材運搬のためのキャリア索道(エンドレスタイラー方式)の各軌索の強度・障害物との離隔・支柱に加わる荷重・軌索の留め等の各検討を行う。

  • 基礎据付寸法 チェックリスト作成

    逆T・深礎・マット基礎等の基礎型に応じた基礎据え付け寸法のチェックをおこない、チェックリストを作成。

  • 鉄塔組立用タワークレーン設置検討

    鉄塔組立工事において鉄塔タワークレーンを設置・使用する際の水平支線による鉄塔部材の検討ならびに設置地盤の検討を行う。

オプションシステム2

※ 個々単独での購入のみ可能。

  • 宙乗り作業時弛度張力計算(単荷重載荷)

    宙乗り作業時(単荷重載荷)弛度張力計算 特定位置での宙乗り時における電力線またはロープの弛度・張力・張形計算を行うもので、径間内の特定位置における単荷重載荷時の計算としても利用可能である。

    計算条件

    • 宙乗り前(無負荷)における水平張力から無負荷時の弛度および宙乗り時(単荷重載荷)の弛度・張力・線形計算を行う。
    • 宙乗り時(単荷重載荷)における想定水平張力から無負荷時の水平張力・弛度、宙乗り時(単荷重載荷)の弛度・張力・線形計算を行う。
    • 宙乗り時(単荷重載荷)における特定位置の想定弛度から無負荷時の水平張力・弛度、宙乗り時(単荷重載荷)の弛度・張力・線形計算を行う。
  • 既設弛度張力計算(カテナリー式)

    既設送電線において任意の径間における観測データをもとにTmax・水平張力・支持点張力・弛度を計算により求める。

  • 電線線下離隔検討(カテナリー式)

    既設送電線における離隔検討をおこなう際の、各条件における電線弛度および電線横振れの軌跡を作図する。

    • 設計値より計算
      設計条件の最大使用張力Tmaxおよび諸条件より、任意の位置における電線弛度および電線横振れの軌跡を作図。
    • 観測値より計算
      電線位置における電線高さを観測し、観測値および諸条件より、任意の位置における電線弛度および電線横振れの軌跡を作図。
  • 弛度張力計算(カテナリー式)

    高温季、低温季の設計条件を元に最悪時の弛度、張力及び設定時の弛度、張力をカテナリー式で計算を行う。

    • 第一条件(最悪時)弛度張力計算(水平張力、支持点張力、斜弛度、安全率、無張力長さ等)
    • 第二条件(検討時)弛度張力計算(水平張力、支持点張力、弛度、無張力長さ等)
  • 掘削穴中心位置および脚据付治具位置計算

    基礎工事における、掘削穴中心位置および脚据付治具位置の計算を行う。
    「山形鋼(アングル)」と「鋼管(パイプ)」の計算が可能。

  • 弛度観測(横弛度法)

    等長法、異長法等で弛度観測ができない場合は横地度法が利用されるが、当プログラムは横地度法による弛度観測において、弛度を観測データをもとに計算により求める。
    Android版のアプリもあるため、スマホ(1ライセンス=スマホ1台)でも利用できます。

  • 架空線水平張力に関連する諸計算

    線路条件および水平張力より、関連する諸計算(斜弛度・水平弛度・実長・支持点張力・カテナリ角・垂直荷重)を行う。計算方法として、放物線式・カテナリ式の両方を用いて計算。
    Android版のアプリもあるため、スマホ(1ライセンス=スマホ1台)でも利用できます。

  • 鉄塔腕金部材強度検討

    架線工事における既設鉄塔の施工時荷重による腕金部材の強度確認を行う。

    • 検討可能な部材は等辺山形鋼のみ、鋼管には対応外。
    • 施工時荷重は符号付きのX,Y,Z方向による荷重値入力であるため、施工時荷重に柔軟な対応が可能。
    • 施工時荷重は、腕金中間点に任意に掛ける事が可能であり、腕金主柱材の曲げ検討も可能。
    • 様々な腕金形状における検討が可能。(舟形・箱形・V吊型等)
    • 跳上り地線腕金に対応。

各申込書

オプションシステム1

優待販売のご案内 ダウンロード
価格表ダウンロード
購入申込書ダウンロード
Version2 アップグレード版購入申込書 ダウンロード
クリッピングオフセット Version3 アップグレード版購入申込書 ダウンロード
アップグレード版シリアル番号報告書 ダウンロード

オプションシステム2

概要・価格表
ダウンロード
購入申込書
宙乗り作業時(単荷重載荷時)弛度張力計算
既設弛度張力計算(カテナリー式)電線線下離隔検討(カテナリー式)
弛度張力計算(カテナリー式)掘削穴中心位置および脚据付治具位置計算
弛度観測(横弛度法)架空線水平張力に関連する諸計算
ダウンロード
購入申込書 鉄塔腕金部材強度検討
ダウンロード

購入について

オプションシステム購入についてのお問い合わせ、お申し込みは下記までご連絡ください。

株式会社ジーサウスシステムズ

〒810-0004
福岡市中央区渡辺通3丁目6-15 NMF天神南ビル3階

TEL:092-715-7400   FAX:092-715-7401

PAGE TOP